スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱いHIBI

盛り沢山の八月だった。

2日が俺の誕生日。
友人が実に粋な祝いをしてくれたり。嬉しいメールが届いたり。
これだけ暖かくも厳しい人間達の目が常に光っているのだと思うと背筋が伸びる。

中旬には、時々コーチとして顔を出している母校中学のラグビー部合宿に参加。
山中湖山荘まで行って来た。
いつもなら初日は夜遅くに到着でグデグデの一夜を過ごすのだが、今年は夕方には山荘入り。
というのは今年の関東大会で母校中学が優勝(20数年ぶりとか)、
ラグビー部長からなんとそのお祝いにライヴを、という依頼を頂いていたのだ。
そして夕食後に山荘のウェート場で本当に弾き語りライヴを開いた!
それまでの体育会ラグビー部の常識からはかけ離れた発想。
俺自身、15年前は血と汗にまみれていた場所な訳で、しかも観客は中学生だけが4,50人くらい。
どこか神聖というか、どうにもこうにも不思議な感覚だった。

「帆船」「ゴーヘイ・ゴー」、最後にとても静かに「風と白雲」を歌った。
観客は若かったが、人として抱えている想いに大きな違いは無いはず。
誰かの心に歌が届いていたら、とても嬉しい。

そしてそして、先日無事にワンマンライヴが終了。
俺にとってこの夏の一大イヴェントでした。
「HIBI」というバンドを組んでの初めてのステージ。
年齢も生活もバラッバラのメンバー、もちろん思い通りにならないことが多かった、
でもメゲず腐らず一歩前に踏み出す事のみが俺に与えられた仕事なのだと言い聞かせて本番を迎えた。
そして多少デコボコでも何とか一つのライヴを皆にお届け出来たこと、今は正直ホッとしています。
DJアントンの選曲もそこかしこで評判良かった。また一緒に熱いイヴェントをやろう。

ただ日が経つにつれ、あぁもっと出来るはずなんだ!まだこんなもんじゃないんだ!という
ウニョーっとした想いが膨らんでいるのも事実。
次回にはまた格段に成長したバンドで、もっともっと楽しんでもらえるような音を届けたい。
その思いでひたすら身がよじれるよ。

アンケートも沢山集まった。
あれはね、本当に力になるんよ。

改めて来てくれたみんな、心から有難う。



さぁ夜の風には微かに秋の気配が漂い始めた。
こうしちゃおれん。
やるきパンパン、酒は控えめ。秋の標語はこれでいこう。
では!

康造





コメント

非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。