ヒッチハイク

20代の前半、僕は一人旅を続けていて、
最後は南東アラスカの島々で、毎朝シカ狩りをする日々を送っていました。

旅を続ける過程で、どうしたって必要になったのがヒッチハイク。
道端で親指を立てて車を待ってる、あれです。

移動手段が限られている地域では、頻繁に利用させてもらってました。

僕の場合のヒッチハイクって、なんとなく望んだ方向には進むものの、
母国語ではないコミュニケーション不足も手伝って、
途中から全然違う場所に着いちゃったり、乗せてもらった人と仲良くなって、
その人の家に泊まったりすることがよくありました。

でもそれが、すごく楽しかったんです。

帰国すると、なにか目的に向かって一直線に邁進することだけが善、
みたいなエネルギーに飲みこまれて汲々としてる人に多く出会ったけど、
そして僕もその一人だったけど、

いやいや、とっ散らかるのもそんなに悪いことじゃない、
自分の思い描いた未来なんかよりずっと面白いことが
脱線を受け入れることで、実は手を広げて待っていたりするもんだと、

当時のヒッチハイクの感覚を思い出して書いたのがこの曲。

視野を広く持って、
たった一度の人生を、豊かに瑞々しく過ごしていけたらいいですよね。




ヒッチハイク

乗ってくかい 行き先は
どこまでだ 力になるぜ
いつからだ そこにいたのは
おなか空いたろ 飯にしようか

絶妙なこのタイミング
退屈をしていたところさ
一人では行けないところへ
ふるえてないで走り出そうか

向かい風 体に受けて 一人立ちすくむあなたが見えた ほら
トビラを開けてごらん 涙を拭きなよ

そうだ 着いたところが 探していた目的地
まだ知らない街が 僕らのことを待っている

太陽が沈んでゆくのを 
見に行こう 間に合うはずさ
これからは二人ゆく道
思い通りも 期待外れも
同じじゃないか 震えてないで
共に流そう 汗とか涙

そうだ 着いたところが 探していた目的地
まだ知らない街が 僕らのことを待っている

そうだ 着いたところが 探していた目的地
あぁ巡り会えた あなたのことを待っていた




コメント

非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: