目指す山の頂で

曲がどの時点で完成したと言えるのか、
作曲家によってそれぞれポイントがあると思うのだけど、
僕の場合はそれは「涙」。

ほとんどの曲が完成に至ると
胸がいっぱいになって涙が出てくるので、
それを完成を知らせる鐘の音としています。

楽しい曲に関しては、頭皮に向かって血の流れが
シャーって上がっていく。

逆にそういった身体的なお知らせがない場合は、
何のためらいもなく、すべてボツ曲にしてきました。

この曲は、完成したのが南北線の駅のホーム上で、
最後の言葉のピースがはまった瞬間に、次から次へと涙があふれてきて、
ベンチに座って一人号泣していたのを覚えています。

いい年した男が駅のホームで頭を抱えて嗚咽している。
すごく怖いですね。


志を胸に抱いた瞬間に、それぞれの戦いが始まる。
男も女も年齢にかかわらず。

お互い、いい顔して再会したいものです。



目指す山の頂で

簡単に醒めてしまうような 夢を見てる訳じゃない
信じぬく本当の意味が やっと分かってきたところ

努力 才能 運 足りないのは何?
志の灯がもっと赤く赤く燃えるように

きっとあいつも今 戦ってる事だろう
そう思うだけで力が湧く
俺もこんなところで終わる訳にいかない
登る山の大きさを知ったところで

誰にも頼らずに生きていこうと思っていたけど
共にゆく人の温かさが やっと分かってきたところ

雨上がりに射す日の光が
いつもよりずっと輝いて見えるのは・・・

本気で流した涙のあとには 
晴れ渡る空が待ってるかな
俺もこんなところで終わりたくないよ
登る山を見上げたまま

きっとあいつも今 戦ってることだろう

遠く離れていても 思い通りじゃなくても
目指す山の頂で会う日まで




コメント

待ってましたこの曲。
曲中の「あいつ」、俺にもたくさんいる。
ハンカチとパンツ、しっとりと濡れました。

パンツは濡らさんでいい(笑)
非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: