スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは

まっちです。

こんにちは。
こんにちは
ある日の話。
僕は発見しました。

はなげを。

そう、あのはなげです
それは間違いなくはなげでした。
希望的観測をもって何かゴミがついているんじゃないか、例えるなら、もしかしたらどこかの上着やスラックスのポケットにお札を入れっぱなしで、それが見つかればこの給料日前をしのげるかもしれないと、クローゼットの中にある洋服のポケットと言うポケットをすべてまさぐるくらい、わずかな希望であり、そしてそれはやはり絶望をより確かにするものでしかありませんでした。
それはまさに、絶望的に確実に鼻毛でした。

僕は鼻毛がこんにちはしてるのを発見してしまったのです。
きれいな顔にこんにちは、いつのまにやらこんにちは
こちらを向いても、あちらを向いても、
いつだって「こんにちは」していました。
僕は言い出そうか迷いました。
きれいな顔をして、
すてきな話をして、
まじめに話していて、
だけど、
鼻毛がこんにちわだったんです。
結局僕は言い出せませんでした。
言ってしまった方が案外楽だったのかもしれませんが、
何度も言ってしまいたかったんですが、
けど、言い出せませんでした。
歯に衣着せぬ言い方で有名な僕ですが、
それでも何かサンクチュアリに足を踏み入れてしまったかのように、
何も言い出せませんでした。
(以後、鼻毛というのはどこか不謹慎な気がするので、鼻毛を一時的に「山本」と置き換えます。)

しかしそこで僕は疑問に思いました。
いったいいつどんなタイミングで山本は「こんにちは」するのだろう?と。
山本は急には伸びません。車は急には止まれません。

人間的な生理現象として一日一日確実に細胞が死んでいき、それが毛となり、
人体を保護しようというDNAの仕組みに乗っ取っている訳です。

山本もしかり。

ということは、山本はある日から急にこんにちはをしていたのではなく、
じわじわと、まさに秋が冬に変わっていくように、芽が出てきたわけです。

そして僕が山本を発見してしまいました。

山本であって欲しくなかったのですが、山本は確かにそこにいました。
そこで、確固たる地位を気づいていたのです。

次の問題は、それをいつ気がつくのか?ということでした。
毎日鏡を見ている人であれば、山本の存在に気がつくでしょう。
しかしじわじわ伸びてくる山本に気がついていないということは、
もしかしたら鏡を見ていないのかもしれません。
もしくは、山本が奇跡的な角度によって盲点になっていて気がつかないということも言えます。
どちらにしても山本が今まで生き延びてきたということは奇跡に近いかもしれません。
山本にとってはサバイバルなんです。
排除されてしまえば、守るという職務を遂行できない。
しかしおおっぴらに守ろうとしても、髪の毛(以後、田中)のようには行きません。
田中は表舞台に立ち、毅然と職務を遂行できます。そして時にはうらやましがられたりします。あ、田中がいっぱいいていいなーとかその田中すげーかっこいいね。とか。
雑誌には田中特集が組まれ、連日田中の話題で持ち切りです。
田中専門店もあり、それは巷では「サロン」と呼ばれ、今日は田中をどうしますか?なんていう田中スペシャリストさえいるんです。
田中スペシャリストを養成するための田中専門学校なんていうのもあります。

一方、山本は不幸な運命を背負い、発見されれば間違いなく排除され、
しかし、いなくなれば悪影響が及ぼされます。
山本はほめられません。
山本がかっこいいなんて誰も思いません。
山本専門店はまだありません。
山本は疎ましく思われていて、山本と一緒に外なんて歩けないとか、
山本カッターなんていう商品すら出ています。

だけど山本は縁の下でこそこそがんばっています。

そんな山本がこんにちはをしていたら、
あなたはどうしますか?

山本を追放できますか?

コメント

俺の時はすぐ教えてねe-457
非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。