スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶と香水

ロジェ・ガレ


いつもつけている訳ではないけれど
使っている香水は高校生の終わり頃からずーっと同じ。

1862年にアルマンド・ロジェとチャールズ・ギャレが立ち上げた、
老舗コスメティックブランド「ROGER&GALLET」。
通称ロジェ・ガレのスプレー式の香水です。

女性用らしいんだが、店先で何気なくこの香りをかいだ瞬間に
俺はこれだ! と直感。
それ以来、浮気無しです(笑)

困ったことにどこにでも売ってるものじゃなくてさー、(当時はソニプラにあった)
2年くらい前に買い置きしてあった分のこれが最後の一本。
さっき開封しました。

ちょっとドキドキです。




__________________

記憶のスイッチ


香りには何か特別な力があるように思う。
記憶のスイッチという特別な力。

起きた出来事やエピソードを聞いたり、写真に納めた風景を見るだけでは
決して戻ることのないその当時の心持ちや奥深い感情が

たった一つの香りによって、生々しく呼び覚まされることがあります。

全てが存在していた、そのこと自体が揺り戻ってくるような感覚。
香りや音楽が備えるそんな不思議な力にいつも心震えます。

真夏の墓場のお線香が鎮めてくれるもの。
小学校の図画室の絵の具の匂い。
雨上がりの土の香り。
キンモクセイの帰り道。

そしてあの日、君の身体から微かに漂っていた一滴の香水。


記憶という不確かな要素の中に潜む、
生きてきたのだという確かな手応えを

音や香りを通じて時々身体全体で実感しては、
過ぎてゆく時間の哀しさや喜びを想ったりする。

それは時に人を限りなく切ない気持ちにさせるけれど、

それだけではなく、

何かが、
誰かが、

はにかんでいるような、許してくれているような。





(以前、僕自身が書いた「香り」についての散文。多少の加筆修正をして。)
__________________





コメント

非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。