スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具たち vol.3

道具たち紹介シリーズ、最後はアンプです。

アンプっていうのは、要は拡声器みたいなもん。
生音の音量だけでは足りない時に、アンプを使って音を増幅させる訳です。

種類は鬼のように沢山あって、特色もそれぞれ。
色々ありすぎて俺も良く分かっていないことが多い。

ほーんとにちょっとした音の違いを追及している方達が大勢いて
そういう人達に言わせると、それこそコンセントの挿し方一つで音色が変わるらしいのだが。

俺はそういう音マニア的な音楽の楽しみ方をしていないので
伝えたいことを何とか伝えることが出来れば、伝わり方にはあまりコダワリがありません。

そういったスタンスでこれまでに二つのアンプを手に入れました。

一つ目はギターと歌声を同時に出すことが出来るアコースティック・サウンド専門のアンプ、
「Bingo」です。





御茶ノ水で楽器屋さん巡りをしながらアンプを片っ端から試し、
これが弾いた瞬間にガシっとハマリました。

生のギターの音色や歌声を歪めることなく、そのままの暖かい音で広げてくれる。

結婚式場やカフェなど、ライブハウス以外で歌うときに使っています。

ちなみに側面に貼ってある紙は
俺がシカゴで歌っていた時に参加させてもらっていたバンドのボス、「Vance Kelly」のフライヤー。

きっと今も元気にシカゴでブルースを響かせていることでしょう。
あぁ、いつかまた会いにいきたいなぁ。


2つ目のアンプはフェンダーというメーカーの「Deluxe Reverb」。
通称デラリバ。
60年代前半のヴィンテージです。

デラリバ


友人の父上が元ギターリストで
その親父さんから普通じゃ考えられない値段で譲って頂いたものです。
主にエレキギターを弾くときに使っています。

格安で、といってもローンで丸一年かかりました(笑)


ここで小話を一つ。

俺が始めて人前でステージに立ったのは、
「いとしのエリー」を歌った中学2年生の時の音楽会。

その時にはじめてバンドを組みました。

メンバーに加山雄三さんの息子さんがいたことで、
もっぱら彼の家でバンド練習に励んでいた。(ちょー贅沢!)

はじめて彼の家に楽器を持って遊びに行った時のこと。

迎えてくれた加山さんがメンバーの一人に声をかけた。

加山 「君のお父さんの名前は何ていうんだい?」

メンバー 「父は○○という名前です。」

加山「やっぱりそうか。いやーボカァね、君のお父さんとその昔一緒にステージに立っていたのだよ。
   
ボクはヴォーカルで君のお父さんはギターリストとしてね。」

メンバー一同 「どえぇぇーーーーー!!?」

その時に加山さんが鼻筋をポリポリ掻いていたとかいないとか・・・。




つまりはだ。

息子同士がたまたま同じ年に生まれ、同じ学校に同級生として通い、
そしてバンドを組んだ。
親父同士がその昔、バンドを組んでいたことなどつゆ知らずに。

これってすごくないか!?


そして俺の手元にある二つ目のアンプ、「デラリバ」は
そのギターリストだったお父さんに譲って頂いたものなのです。

ほんといつだって人と人の縁が全てだなぁって思う。

このアンプを世界に向けてギンギンに鳴らしているところを
早く親父さんに見てもらいたいもんだ。

迷惑をかけまくった加山さんにも早く自分の歌を聞いてもらいたい!

(皆でワイノワイノ遊んでる内に
加山さんが大事にしていた○百万もするギターのネックを誤って折っちまった。
しかしさすがは若大将。
雁首揃えて謝りに行った俺達を前に一言。

「それで君達、ケガは無かったのかい?」

普通じゃ言えねー!!)




さぁ、次のライブは4月3日だね。

こういった道具たちに囲まれて、心からの歌を響かせたいと思います。

都合ついたら是非遊びに来てください!!


コーゾー







コメント

康造のブログコメントの流れと関係ないけど

ものすごくひさしぶりにブログ見ました!
ライブ情報のチェックも全然してなくて。

そして、今偶然、これまた久しぶりにこうぞうの曲を聴いています。

やっぱり独特のメッセージや世界観があるからかな。
久々に聴いただけに、それがまた新鮮に感じられ、心にしみます。

これを私ももっとみんなに聞いてほしい、とやはり切に願ってしまう。
高円寺のライブ行けたらいいけど、わかんないや。
で、「STAX FRED」のHPのスケジュール見ました。
出演アーティスト名からHPへリンクできるんだね!

康造もリンクはろうよー!
「STAX FRED」のライブハウスが好きで、まだ康造のこと知らない人も、
たまたまこのHP来ることもあるだろうし、
「STAX FRED」でたまたま康造のライブを聴いて気に入った人がこのHP来るかもしれない。

このHPの康造のメッセージもすごいいいと思うんだよね。
康造の歌と同じで、いろいろと大切な気持ちを思い出させてくれたりする。

そんな世界を共有して、もっともっと康造ワールドを広げたい、広がってほしいと思った一ファンのことばでした。

長々と失礼しました。

ライブが続くけど、元気よく楽しんで歌ってくださいv-218

日比さんのギブソンの大きなギターあの深く深くから音がするどっしりとした感覚、僕も好きです。弾かせてもらった時からなかなか忘れない不思議な感じです。

うぇさん

いやぁ嬉しいねぇ。本当にこういう言葉がすごく力になります。
勇気が出ます。

今まではとにかく、自分がグッとくる作品を作って、
納得出来るステージがやりたいってことばかり考えてきたけど、
今年はそれをどうすればもっと広げていけるのか?
ってことを本気になって考えています。

いま、これまで付き合ってくれた何人かの素晴らしいミュージシャンに手伝ってもらいながら
音楽関係者に聴いて頂く用のデモ音源を4曲レコーディングしているところ。

これが完成したらすぐに、レコード会社や事務所をかけずり回って
営業活動に汗を流す予定です。

もっと沢山の人達にどうにかして聴いてもらいたいからなぁ。

ところでさ、すごい基本的なことを聞くけど、
リンク貼るってどんな感じのこと?
俺が貼れるのかな?先方に貼ってもらうのかな?
すまんが、こういう事に関してはほんとにド素人なもんでイメージが湧かないんす・・・。
分かった気になってるだけだったら恐いから。
教えて下さい♪

お力添え、いつも本っ当にありがとう!!


池貝

そう。
でっかいだけあって、音がどっしりなんだよなぁ。

このギターとは一番最初のライブからずっと一緒だから、
俺の緊張もテンパリも頭が真っ白になった時のことも会場が大盛り上がりしたことも
全部知ってくれてる。

やっぱりあの日に訳分からずとも買って良かったよ(笑)

自分の内なる声にはいつだって正直に生きていきたいよな。

意味なんて知るかだよ!!

Linkのこと

早速、コメントのお返事ありがとう。
高円寺のライブ行けたらなと思ってたまたま、Infoを得ようと「STAX FRED」のHPに行ったのよ。
で、スケジュールのところをクリックしたら、出演アーティスト表が出てて。
そしたら、出演アーティスト名が青字になっている人はそこをクリックすると、そのひとのHPにいけるんだよね。
(黒字でアーティスト名が書いてある人←リンク張ってない人はむしろ少なかったよ)

たぶん、きっとこれは「STAX FRED」の方にお願いしとくんじゃない?
すると「STAX FRED」の方がHPでスケジュールを作るとき、リンク張ってくれるんじゃないかなあ?

康造はもうHPもっているわけだし、今度「STAX FRED」の方にスケジュール表のリンクのこと聞いてみたらいかがでしょう?

康造ワールドを広げていこう!v-220

うぇさん

なるほど!
そういうのを「リンク貼る」って言うんだね。

確かに色んなページからこのHPに飛ぶことが出来れば、
そしてここで試聴など出来るようにしておけば、
そこで気に入ってくれる人が出てくるかも知れないよな。

早速今月のStaxでライブの時にリンク貼ってくれるよう頼んでくるわ!

こーしたらいい、あぁしたらいいってのでまた気付くことがあったら、
是非ともまた声かけて下さい。

どんどん具体的に動いていきます。

助言ありがとう♪

非公開コメント

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。