スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶねーったらない!!

長野へ車での出張の帰り道。

-7℃という状況を忘れ、

「フロントガラスが汚れてるなー。」と、

何気なくウォッシャー液を噴射した、その、瞬間。

「パリパリパリ」っつって、その場で全部凍った!

その凍った液をワイパーが、シャーっとやったもんだから、


はい、前方何も見えません。

そーです。運転中です。


まーじで死ぬかと思った。



自然児のカンで、うまいこと光をよけながら車を寄せて、

命ながらえた記念にパシャリ。

みんなも本気で気を付けて。

寒い地方で、ウォッシャー液は 厳禁!!


スポンサーサイト

連鎖

後ろ向きな考えが、悪い現象を引き起こすのか。

悪い現象が、後ろ向きな考えを作るのか。


本日、ひどくいら立った気持ちで入った中華料理屋で
長らく待たされた上に、オーダーも通っていなかったという。

去年一年間の外食でも、
そんなこと一度もなかったんだよ!?

久しぶりに腹から苛立ってる時に限って、そういう事起きるかーって。



あんまりひどくて、
おかげで少し笑えたよー。


Tracy Funchesの撮った一枚

25歳くらいの時の日比康造の写真。

撮ってくれたのは、NY出身のフォトグラファー、
Tracy Funchesという男。

俺がNYの街をぶらついていた時に、
唐突に腹が減り、
目の前を歩いていた黒人の青年に声をかけた。

「このあたりで、なにかうまいものを食わせる店を知ってるかい?」

そしたら薄いファイルをかかえた男は答えた。

「オーケー。これから俺は写真を現像に出すところなんだが、付き合ってくれるかい?
そしたら一緒に食べに行こう。」

「もちろんだ。」

そんな訳で、まずはその男と現像所に行き、作業を済ませ、
二人で飯を食べに行った。

道中、スパイク・リーとすれ違って楽しく談笑したりして、
あぁやっぱりN.Yなんだなぁと思ったのをよく覚えてる。

果たして何のレストランだったか忘れたが、目的地に着いて、
そこで俺があんまりたくさん食べるもんで、
それを面白がってくれたのか、単に気が合っただけなのか、
俺たちは友達になった。

その後、麻薬の売人たちの世界を撮った「PIMPNOSIS」という写真集で
一躍彼は時の人となる。
東京で個展を開いた時は、一緒に手伝ったりもした。
その頃に写してくれた一枚。

もて余す自意識と、欲求と、怒りが渦巻いていた頃。
空回りで煙を吹きながら、ゴムの付いていないむき出しの車輪が地面とこすれて
走るたびに火花を散らしていた頃。

あれから15年の時間が経った。

変わった部分と、まったく変わってない部分。
さぁ、ここからだ。

Tracyの写真

濃くいこう。

やぁ、すっかりご無沙汰でやんす。

たった今、フェイスブックを退会しました。
今後はこの場所でやり取りしていきましょう。
もっとパーソナルな距離感でつながっていければと思っとります。

本当はライブで直接会えるのが一番なんだけどね。

薄く広がるよりも、、
濃くなって惹き付け合いたい。
ってなわけで、今後ともよろしく!

日比康造

新年

明けましておめでとうございます。
初雪のお正月とは、とてもおめでたい気持ちになりますね。

今年は母校の高校ラグビー部が、13年ぶりに単独での全国大会出場を決めた。
その夢を叶えられなかった僕にとって、それは本当にすごいことです。

しかも監督は、高校時代に共に汗を流した仲間の一人。
それはもう興奮するお正月を過ごしています。


ワクワクしながら街を歩けば、
今度はあちこちから音楽仲間たちの歌声がスピーカーから流れてくる。


皆それぞれの持ち場で精一杯を尽くしている。
胸の深いところから力が湧いてきます。


さぁ。俺もこんなところで終わるわけにいかない。

みんなにとって最高の一年となりますよう。

今年もよろしく。

今年こそ。



2015年1月1日
日比康造

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。