第二回ヒビノミクス・ライブレポート!!

大変遅ればせながら!!

5月20日(月)に開催された第二回ヒビノミクスのライブレポートです。

本当にたくさんの方にご来場いただいて、なんと満員御礼!!!!

出演者やライブハウスのスタッフを代表して心より感謝申し上げます。

本っ当にありがとうございました!!!


テレビやラジオで聴くような流行りの曲じゃなくても、
素晴らしい歌は確かにある。
ステキが歌い手が確かにいるのです。

それを紹介したくて。
音楽を真っ直ぐに交換したくて。

気軽に遊びにきてもらいたいから、
できるだけエントランスは低額に。

その代わり、楽しかったらその分だけチップボックスに入れてってね。
それでまた、音楽家たちは次の活動につなげていけるから。

出演者一同、思いを一つにして、
魂込めて歌いました。


トップで登場はライブハウス紹介のKIKUさん。

KIKUさん

繊細な歌風景と、ループを駆使した独自の世界観。
時にギターの本体を叩いてリズムを刻んだり、
とてもギター一本の音とは思えない、スタイリッシュなステージでした!

2番手、ライブハウス紹介の小貫諒さん。

小貫くん

190センチ以上ある長身から繰り出された第一声で、
もう僕は彼の歌世界にトリップしてました。
力強さとはかなさが行ったり来たりで振り回されて、
感情を思いっきり揺さぶられるステージ。
歌心があふれていました。
皆さんの感想はいかがだったでしょう。

3番手に、日比康造紹介の佐藤嘉風(さとうよしのり)。

嘉風

彼のステージは何度か見ているのだけど、
俺にとってはこの夜が一番だった!
彼の歌は、聴いてる人を一人にさせない。
染み入るような歌声は、いつも人の心の近くに寄り添って、
時に笑わせ、時に過去を振り返り、癒し、励まし、勇気をくれる。
Wonderlandって曲では僕もぶち上がって、一緒に飛び跳ねてました。
「日比康造に捧げます。」って歌ってくれた曲は、
次の出番の用意をしている楽屋で聴きながら、
一人涙をこらえるのに必死でした。

ヨシノリ君のお客様はペンライトを持参されたりしてて、
団結力抜群!見ていてうらやましいくらい(笑)素敵でした。

そして私、日比康造。

康造

前回のヒビノミクスでもそうだったけど、
ほんと、もう何もいらない。
ここまで素晴らしい歌い手達が作ってきてくれた空気に飛び込んで、
心を無にして、歌を届けるだけ。

少しでも楽しんで頂けてたら嬉しい限りです♪

最後に登場、ギターリストの徳武弘文さん。

徳武さん

このお方は日本のミュージックシーンのど真ん中を歩いてこられた、
揺るぎない大御所ミュージシャンなのだが、

そんなことはここではもう書かない。
そんなことは音楽とは全然関係がない。

心を委ねることができる、素晴らしい音がそこにあった、
もうそれだけで充分なのだと思います。

徳武さんのうっとりギターに乗っかって、
日比康造と佐藤嘉風が大騒ぎ。
テネシーワルツやブルースで大いに盛り上がりました。


大先輩に遠慮するようなステージにしてたまるかと、多少力む二人。
3人

でもすぐに音に溶け込んで、感性の世界にダイブ!!
嘉風・康造

ギターバトル!!
全開ギター2

いい笑顔!
康造・嘉風

こんな爆笑のステージってなかなかないよ!!!
大笑い

ヨシノリ・机の上でチョーキング!!
嘉風・机

最後は出演者全員が登場してのカントリーロード熱唱!!
5人

またもやヨシノリ、大暴走。
このままどこかへ。
5人・嘉風どこかへ

ありがとうございましたっっ!!!!
お辞儀

最後にチップボックスへ沢山のお気持ち投入、心より感謝!!
チップボックス


歌いざらしの時もそうだったけど、本当にお客さんが素晴らしいのです。
音楽を純粋に吸い込みに来てくれてる。
それが伝わってくるから、音楽家も純粋になれる。

そして、思いを形にすべく親身になって動いてくれてるライブハウス、
渋谷Loop Annexさん。

音、最高でした!

あの夜を構成したくれた素粒子全てにありがとうです!!!


また必ずお会いしましょう。

僕らも心からの音楽を用意して待ってます。

第三回ヒビノミクス、7月2日に決定!!!


一緒に心ゆくまで味わっていきましょう!!!








第二回ヒビノミクス・詳細

5月20日(月)に開催される、
第二回、ヒビノミクスについて。

日比康造とライブハウスが、紹介したいステキ・ミュージシャンを
それぞれお招きしてお届けする極上の一夜です。

生演奏の楽しさを少しでも沢山の人たちと
毎日の生活の中で一緒に味わいたいって気持ちから、


・できる限り入場料は低く設定してあります。

・当日の気分で好きに参加を決められるよう、前売券と当日券の差をなくしました。

・その分、もし「楽しめた!」ならば、会場に置いてあるチップボックスに、
その気持ちを存分に投入してください。それが音楽家への唯一の報酬となります。

・ドリンクも飲みたい人が飲みたいだけ飲んでもらいたいから、チケット代には含まれていません。
(でもたくさん飲んでね♥)

・気軽に立ち寄っていただき、楽しかったらその分だけ、
そーでもなかったらそれもそのまま表明できる。


それが「ヒビノミクス」の楽しみ方です。

音楽好きはもちろんのこと、
普段ライブハウスなんて縁遠くて行ったことない人こそ、
敷居は低いが、中身のハンパなく濃い「ヒビノミクス」を
心ゆくまで楽しんでもらえればと思っています。

ヒビノミクス/時間や地図


出演者をご紹介しますね。

●KIKUさん 
●小貫諒さん

上記のお二人が、ライブハウス紹介のミュージシャン。

お会いするのがとっても楽しみです!!

●佐藤嘉風(サトウヨシノリ)

沖縄風の濃厚二枚目フェイスながら、岐阜県出身。
透き通るクリーンヴォイスが、心をそっとなでてくれる。
涙あり、爆笑ありのステージを楽しみに、
お客様は遠方からも駆けつける。
唐突に毒舌を吐いたり、人間的に非常に魅力的な男です。

●Dr.K(徳武 弘文)
とくたけひろふみ

日本の音楽シーンのど真ん中を歩いてこられた、
伝説的なギタリスト。

ヨシノリ君の紹介でお会いして、
会ったその日からセッション。
もうその音色に気絶しそうになった。

みんなにご紹介できて、
本当に嬉しい。ほんとやばいよ。

以下、徳武さんのHPより引用。

1951年5月25日 北海道函館生まれ
大学時代に"ブレッド&バター" のサポートをつとめ、
以後、伝説のバンド "はちみつぱい" のメンバーと共に
"山本コータローと少年探偵団" を結成し、本格的な音楽活動を開始。
後に "吉川忠英&ホームメイド" に参加しながら、
スタジオ・ミュージシャンとして幾多のセッションを行なう。
74年に泉谷しげるのバックバンド "ザ・ラスト・ショウ" を結成。
独立し2枚のアルバムをリリース。その後ニュー・ミュージック系アーティストを始め、
五輪真弓、吉田拓郎、長渕剛、杉田二郎、大瀧詠一、南こうせつ、高橋幸宏、
ファッションデザイナー山本耀司等のレコーディング、ライヴに参加、
1998年、最も啓蒙を受けたナッシュビルのプログレッシブ・カントリー・ロック・バンド、
「ベアフット・ジェリー」のリ・ユニオン・コンサートでのリード・ギタリストとして参加。
その他にドラマの音楽制作、JT、サッポロビール、グリコ、花王、ハウス、
マクドナルド、ブリジストン・ドーナツタイヤなど数え切れない程のCF曲の制作や、
5作のソロ・アルバム、6作のギター教則ビデオをリリース。
近年に於いては自らのバンドDr.K Projectを率い、精力的に活動を続けている。
サムピックを使用したフィンガー・ピッキングにアメリカン・フィーリングを活かした
独自のギター・スタイルを確立した彼のプレイは、
カントリー・ミュージック、ルーツ・ミュージックが見直されている昨今、さらに注目されている。


以上のミュージシャンでお届けするヒビノミクス。

どうぞお楽しみに!!!!

第二回、ヒビノミクスについて

ちょっとー!!

お待たせしてて申し訳ない!!

5月20日(月)に渋谷Loop Annexで開催される

第二回ヒビノミクスの詳細がやっと決まってきた。

もうぼちぼちでお知らせできそう。

もうちょい待ってて!!!



4月24日 恵比寿BATICAでのライブフォト

過ぎし4月24日、恵比寿BATICAでのライブ写真です。

ゴージャス感たっぷりのライブハウスに負けない衣装を選んでみました。

共演者もステキ、素晴らしい夜でした♪

1304240137_convert_20130515092154.jpg

1304240101_convert_20130515092132.jpg

1304240066_convert_20130515092054.jpg

1304240053_convert_20130515092024.jpg

1304240007_convert_20130515091959.jpg

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: