スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いと縁

「コントラバス、

それも弓弾きの音と一緒にプレイしたい」



ある時期からそんな想いが猛烈に湧き上がってきて、
それからというもの、弾き語りライブを続けながらも、
会場に足を運ぶ度にいい人がいやしないか、
ずっとアンテナを立ててきた。

俺自身が小さい頃からバイオリンをやってきたから
弓で弾かれる音が純粋に大好きだし、
慣れている音だけに、沢山のアイディアが自然と湧いてくるのです。


でもなっかなか見つからない。
そもそも誰もコントラバスを弓で弾いてない。


「コントラバスを弓で弾く人なんて、オーケストラに沢山いるじゃないか?!」


確かにそう。でもそんな簡単な話じゃない
クラシックの人はどうしても縦のリズムが苦手の人が多いのです。

クラシックのテンポは、
一曲の中でも表現したいイメージに応じて柔軟に変化していく。
それが気持ちの良いところでもあるのだが、
拍子がはっきりしているダンスミュージックとは相いれない部分でもある。

クラシック畑に長くいると、
身体が横の動きには自然に反応するのだが、
縦のリズムに鋭角的に乗っかれなくなりがちなのです。

しかも僕にとってクラシック出身者の一番の大きな問題は、

「酒の匂いがしないこと」


正確に言えば、演奏時にきちんとした雰囲気の方が多いということ。
ほんとにきちんとした方かどうかは別にして。

日比康造の音楽って、
誰もが目にしているありきたりの景色や人生に対する思いを
僕ならではの切り口で切り取って、
それを日常の営みの中で分かち合えたらって思って作ってるんです。

そこには「お酒」という存在を無視できない。

酒場の空気って、言葉にできないけどはっきりとそこに「ある」でしょ。
説明できないからこそ、それを身にまとってるか、そうじゃないかしかない。
ちゃんとし過ぎてる人ってどうしても少し違うのです。

コントラバスを弓で弾けて、さらにリズムに強く、
酒の空気をまとってる人。

そんな奴なかなかいねー!ってことで、
探し始めて1年半ほどが経ってました。

そんな折。
ユーチューブ。
いいライブ演奏がないかとか、いつも通り流し聴きしてた。(時折エロ

「そういやこないだ、弓弾きのコントラバスについて仲間が紹介してくれたバンドがあったな。」

何気なく検索してみた。



果たしてそこに彼はいた。


リズムがしっかりしてる。フレーズも良い。
何しろたたずまいに雰囲気がある。どうやらちゃんとダメな奴っぽい。


俺のアンテナがチーンと鳴った。


次の瞬間、彼のブログのコメント欄に長文を書き込んでいる俺がいた。

うんちゃらかんちゃら だから一緒に音を出そう!
なんだらかんだら   だから一緒に音を出そうよ!


そんな出会いから一か月。
6月26日、実際に僕らは共にステージに立った。

たった3曲だったけど、
素晴らしい時間が流れた。

この音を、たくさんの人に届けたいよ。
本当に心からそう思う。

あなたの耳にも、ちゃんと届きますように。



6月26日
渋谷Wasted Time

ギター&ボーカル 日比康造
ドラム      岩丸正
ベース      クック








スポンサーサイト

6月18日新宿SACT!

6月18日、新宿SACTにお集り頂いた皆様、
本当にありがとうございました!

出演者を会場の真ん中に、
お客様は360°ぐるりとステージを囲む配置はまさに、

あ、こ、が、れ、の

MTVアンプラグド!


いつものライブハウスの雰囲気とは全然違う空気に、
お客さんも僕らも最初からワクワクしてた。


出演者は、Flower Flower/吉田あきら/日比康造。

Flowerさんとは3回くらいご一緒させて頂いているけど、
ほんと今夜も素晴らしかった!鳥肌たった!

お客さんも彼女を中心に自然と笑顔が生まれて、
手拍子が出て、あったかーい空気に包まれてた。
直接心をそっと撫でてくれるような歌声に、
身が震えました。

2番目に登場の日比康造。

MCは最初からかみまくってどうしようかと思ったけど(笑)
太い声中心の声援に後押しされて無事に歌い終えました。
あの「クスクス」ってのは笑えた!中学の教室の雰囲気を思い出した!
評判の良かった「まさかり」では、
お客さんもみんなで声を出してくれて楽しかったね。

トリは吉田あきらさん。

一言で言えば、もう貫禄のステージ。
笑いあり、涙ありで、心から吉田ワールドを堪能しました。
普段、吉田さんが何を感じているのか、
歌声からにじみ出てくるのです。

お二人のステージを、僕は背中側から見ていたのだけれど、
素晴らしい唄い手は、背中でも歌っているんだってことを実感。
それを、横にいた旧知のベーシストに耳打ちで伝えたら、

「我々にとっては、いつもの景色だよ。
唄い手の背中をみて演奏してるんだよ。」

って言われた。言われてみりゃそうだよな。
なにかハッとする一言でした。


月曜日の夜だってのに、
たくさんのお客様がきてくれた。
それで遅くまで残って、たくさん飲んでくれた。

本当に嬉しいし、心から感謝です。

そして会場の新宿サクト。
360°の配置、大変だったろうに快く引き受けてくれて、
音響も完璧。すごい!
また、照明出身のPAさん(ライブハウスのサウンドを担当する人)ならではの、
曲に応じた照明は見事で、
会場が自然と一体となれたのは、
ライブハウス側の力も大きかったことを
最後に記しておきます。


ながーくなったけど、要するに、


最高の夜だったってこと!!!!!



命尽きるまで、どんな歌が歌えるか。
旅は続きます。

またステージでお会いしましょう!



DSC_0212_convert_20120619130400.jpg

DSC_0224_convert_20120619130423.jpg

DSC_0232_convert_20120619130445.jpg

日比康造/曲目

ゴーヘイ・ゴー
力試し
たった一匹のアブラゼミ
花飾り
風と白雲
まさかり
コイン

響け、愛の歌!

職場の庭で鳴いてるカエルくん。

こんなに小さな身体でも、
全身を震わせて響かせれば、
驚くほどに大きな声が出る。

人の世も同じですね♪


保護色

昨晩、六本木で。

いやー

昨夜のゲリラライブは、本当に充実してた。
翌日まで余韻が残るライブってこういうんだな。

俺の大好きな歌仲間が突如、スケジュールが空いたというので、
六本木のど真ん中にある、六本木農園というレストランにお願いして、
急きょライブを開くことに。

歌を聴きに来た訳ではない人たちと
どれだけ豊かな時間が過ごせるか。


それをテーマに、出演者3人が心を合わせた。

「お食事をされている皆様、これから地下でライブをやりますので、
お時間許すようでしたらぜひ、遊びにいらしてください!」


そうご挨拶をして、地下でライブを始めると、
最終的には地下が人でいっぱいに。

最初は40分くらいで終わる予定だったのが、
結局終わってみれば2時間近くのロングライブになった。

普段はなかなかライブハウスにはいらっしゃらない、
スーツを着たお勤めの方々にも、

「楽しかったよ!」

「あのまさかりってのが最高!」

「いや俺は四国の船乗りのやつ、ゴーヘイゴーっていうのか、
あれが良かった!」


などと口々に言っていただけて、至福の時間でした。

共演者の2人もまた、
それぞれの真心がまっすぐに伝わってくる
素晴らしい歌を聴かせてくれて、鳥肌たちまくり。

ものすごく刺激を受けた。

あなた達のような本物の音楽家と共に活動ができていること、
僕の誇りです。


それまで縁もゆかりもなかった人たちが、

「歌」という一台のバスに乗り込んで、
「音楽」という道をドライブする。

途中に見える景色を共有しながら、
また時には自分自身と向き合いながら
ゆっくりと心がつながっていく、お酒片手の小旅行。

その余韻が、まだ身体に残っています。
一緒にバスに乗り合わせて頂いた皆様、本当にありがとうございました。


最後に、

「今夜ライブやりたい!」

「了解、もちろん!」


二つ返事で快諾してくれた六本木農園のフットワークに大感謝。
今日の今日なのに、全スタッフが笑顔で迎え入れてくださったことに、
正直感動しました。
心から感謝しています。

今度はゆっくりとご飯を食べに伺いますね。


皆に支えられて、
充実の音楽活動ができています。

もっともっと前へ。
声がもっともっと豊かに響く方へ。


またライブで会いましょう♪♪♪

6月11日六本木


ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。