子供が騒げる音楽会♪

■12月3日(土)


★農家さんと一緒!
子供が騒げる音楽会♪
~餅つき編~


13:00~ オープン
14:00~ 音楽会
15:00~ 餅つき大会

大人1人
\1500(1ドリンク付)

子供(中学生以下)
無料

■場所
「六本木農園」
港区六本木6-6-15
03-3405-0684
六本木駅より90m

六本木農園

アクセス

※会場は半屋外なので、暖かい服装でいらして下さいませ。

■音楽会情報

子供にこそ届けたい、生の楽器の音色を!
バイオリン、フルート、ピアノという編成で、
ディズニーから宮崎駿作品まで、
幅広い曲目を取り上げました。
小さなお子様がどれだけ騒いでも大丈夫!
子供が楽しむための音楽会です。

バイオリン/日比康造
フルート/matsueri
ピアノ/シモン

■農家さん情報

諸橋 弥須衛
今年70歳を迎えられる諸橋さん。
30年ほど前から有機農業を始めた、
新潟のカリスマ農家さん!
それでいて率先して六本木や銀座など
都会での農業の触れ合うイベントにも参加していただける
本当に素敵な方です。

当日は、諸橋さんの田んぼで取れた今年の餅米でお餅をついて、
大豆からきな粉を自分達で作って、
つきたてのお餅にまぶして食べましょう!

会場の六本木農園では12時よりランチを営業していますので、
そちらで食べていただいてからイベントに
ご参加いただくことも可能です。

またLiveやイベントの間も、
おでんや蒸野菜などのちょっとしたフードを
1コインでご提供致します。

どなた様もふるってご参加ください。
お待ちしています!!


曲名変更

赤子に名をつける時、
生まれる前から用意していた名前をつける場合もあれば
生まれてからおもむろに考えだす事もあるでしょう。

僕が曲名をつける時は、
ほとんどの場合、曲が完成してから。

全体を見渡して、その曲が一番伝わりやすい曲名を考えます。

ただ、昔にできた曲に関しては、
伝わるとか分かりやすいとかという観点ではなく、
かなり手前勝手な思いを込めた曲名をつけていたように思います。


多くの人が好きになってくれた「コイン」という曲があります。


表と裏があって初めて一枚のコインになり得るように、
「愛/憎しみ」「嘘/真実」など、
相対する言葉や概念も合わさって溶け合って一つになることで
初めて息をしだすのではないか、というのが、
当時の作者・日比康造が曲名に込めた思いでした。

ところが、歌詞に「コイン」という言葉が一度も出てこないためか、
ほとんどの人がこの曲をこう呼ぶのです。



「あのでっかい家の曲!?、すごくいいよね!」


「う、うん、ありがとう・・・コインって言うんだけどね。」

「恋かぁ、あれは恋の歌なんだー。」

「いや違う、コイン。一枚のコインのコイン。」

「へー。   で、なんでまた?」


そのようなやり取りを10年近く繰り返してきて、俺は思った。


説明が必要な曲名ってどうなんだろう。



俺が今とても大切にしていきたいのは、伝わりやすさ。
シンプルな分かりやすさ。
だとすると・・・。


よし。
しばらくはこの曲名でやってみて、

皆の反応を見て、また考えてみよう。







「でっかい家」 

抱いて欲しいだけなんて自分勝手な 
人間だけがもつエゴが今日もまたぶつかり合う
答えがそこにある訳じゃないけど
足りないものを君と今日もまた分かち合う

コップ一杯の水を説明するのに
ほんの一滴で分かり合えていた二人でさえ
別れを選び、また誰かと出会う
哀しいほどに繰り返される愛の歌

少しくらいの嘘があったとして 僕は何が欲しいのだろう

迷いはいつも正しいことを選ぼうとすることから生まれ
愛も憎しみも一緒に住めるくらいの でっかい家建てて なんでも許せたら

誰もが誰かを必要としてる
そんな当たり前に気付いた時から いつの間にか
失うことが恐くてたまらない
それでもなくしてしまうから 大事にするって意味を知るのさ

描いた未来に別れを告げよう 肝心なものは今ここにしかない

迷いはいつも正しいことを選ぼうとすることから生まれ
愛も憎しみも一緒に住めるくらいの でっかい家建てて なんでも許せたら

ずっとこれからも
僕らがいつも心の声に何より素直でいられるように
嘘も真実もまとめて飲めるくらいの でっかい口開けて なんでも笑えたら
愛も憎しみも一緒に住めるくらいの でっかい家建てて なんでも許せたら





陽だまりの猫

「陽だまりの猫」

陽だまりでシッポのない猫が昼寝をしてる
夕方みたら、同じところでまだ寝てる

日がな一日何やってるんだ
お前人間だったら、きっといろいろ言われるぞ
でもシッポのない猫は
寝たいとき寝たいだけ寝て
浮世の戯れ言などどこ吹く風


ふと勤勉について考えてみた


朝早く目覚めるなり、
寝食忘れてそりゃもう研究に没頭、
「時間が足りない」が彼の口癖
長年苦労して開発した新技術
確かに人々の暮らしを便利にした
でも同じその技術が
人の世を地獄にもした

とすればだ、シッポのない猫
ただ寝ているだけに見えて
ただ寝ているだけだからこそ
時に小便引っかけて嫌がられるくらいで
ひっそりとその一生を終えてく訳だろう

とすると一体勤勉というやつは、
どれだけ人の役にたったのか?
どれだけ人を貶めてきたのか。

猫の方がずっと賢いといえないか?
それは暇人怠け者の言い訳に過ぎないか。


陽だまりでシッポのない猫が昼寝をしてる
夕方みたら、同じところでまだ寝てる




ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: