歌い手として

地震が起きてから、
早くも10日が経ちます。

いままで下してきた何てことのない判断一つ一つに、
大きな緊張を強いられる毎日。

時間の感覚がおかしくなっています。
いつも地面が揺れている感じがします。


自分にできること→
節電と、なけなしの懐から募金すること。

自分にしかできないこと→
日比康造の歌を歌うこと。


被災地の方が何を必要としているかというリストの中に
生の歌を歌ってほしいというものがあったとの話を聞きました。

もちろん同じ被災地でも
まだライフラインさえまったく復旧していないところも多いとのことで、

歌どころじゃない避難所もたくさんあることでしょう。

でも同じ人間の、
心からの歌声が求められている場所があるのだとしたら、
それは僕に今やれることがあるということ。

どこへでも出かけていって、
是非ともこの歌声をお届けしたい。

ただ、今はいろんな情報が飛び交っていて、
一般の人が想いだけで被災地に向かっても
迷惑になるだけだという話も耳に入ります。

実際、現地にはガソリンが全然ないとのことで
気持ち一発で被災地に入ったはいいが、
結局動けないなんてことになり兼ねない。


そこで、
このブログを読んでくれている皆様へ。

ちゃんとしたルートを確保している上で
歌を届けて欲しいというリクエストがある被災地へと
出向いている方をご存知であれば
ぜひともご連絡いただきたいのです。

今すぐではないのかも知れないけれど、

音楽の力で
少しでもお力になれればと切に願います。


日比康造メールアドレス
info@kozohibi.com








それぞれの立場から
いろんな意見や行動があり、

別々の心情があると思う。


選択肢が多いからこそ迷う人。

やるべきことが決まっているからこそ、
泰然自若としていられる人。


だがこんな異常事態には
他人の振る舞いに異を唱えるのではなく、

自分の信じる想いにしたがって
ひたすら黙々と行動していこう。

ここまで自分が経験してきたこと、
蓄えてきたことを信じよう。


力を合わせて
僕らは必ず乗り越える。

それだけです。


これを読んでいるすべての人の無事を
心より祈ります。



歌います。

俺は音楽家である。


地震のあと、
事態が緊迫すればするほど

今、果たして歌ってる場合なのか?

みたいな気持ちがわいてきたりしたけど、

音楽家が音楽をやらずして
誰が音を出す?!


そう。

今、求められるのは
被災者のためになること、それだけじゃなく
今までの自分の役割を
より一層充実させていくことでもあるのだろう。


今だからこそ歌える歌を。
今だからこそ出る声で。


胸張って歌っていくよ。


そして、

暖かく眠れる夜や
美味しいご飯が食べられる日々を

罪悪感などではなく、
少しでも感謝の気持ちを胸にふくらませて

毎日を元気に過ごしていこう。


日本を立て直すために
必死になって動いてるすべての人々に
最大の敬意をもった上で

縮こまるのではなく、
みずみずしく毎日を過ごしていこう。



国難

国難の時。


自分のことで精一杯なはずなのに
まわりのことを考え発言され、行動している
被災地の方々の姿をテレビを通じて見ていて、

日本人としての誇りを心から感じる。

良くない事象もあるのだろうが、
なんとか心を合わせて頑張っていただきたい。

僕らはとにかく目の前で出来ることを一つずつ。

今日は家業であるお店やギャラリーに、
大量の毛布やトイペ、生理用品、水、食料などを運び入れ、
いつ何時、人が足止めを食って泊まることになっても
しばらくは困らない仮宿となるよう、手配してきた。

どこまで助け合えるか。
日頃の心の有り様が試されます。

テレビに望むこと。

リポーターの方達が危険を冒しても現地に飛び、
被害の状況を伝えてくれていることは確かに大事だが、
余力のある我々にできることは何なのか、
何が求められているのかをもっと伝えていただきたい。

行動を起こしたい人たちの想いと被災地をつなげる情報がもっと欲しい。

強大な力をもっている野次馬で終わることのないよう
お願いしたい。



ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: