スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Woolseyにて

地元・二子玉川に
俺が高校生のときからお世話になってる
「Woolsey」というバーがある。

オーナーの福ちゃんは
レスリングの日本代表合宿にも参加したことがあるとかで、
とにかく腕っ節が強く、それでいて面倒見がよく、
(特に男どもからの)人望のあつい人物。

20代の頃は、飲みすぎで我を失い、
ほんとこのお店にはお世話になってきました。

そんな「Woolsey」で開かれたミニライブで
歌わせていただいた時の様子です。



ウールジー 

歌って、んで自分で拍手。

拍手


外にもお客さんがいっぱい♪

ウールジー店外

最後は出演者のみんなとセッション。
俺、やっぱり酔っ払い。

全員

とっても雰囲気のいいバーだから、
ぜひ寄ってみてくださいまし。

へろっへろの俺がいる場合あり(笑)


スポンサーサイト

理由はない?ある?

去年の秋口に一度目撃した、
モズのはやにえ。


本日仕事前に、
ミカンの木の枝に再度発見。

今回はカナヘビというトカゲの仲間が
犠牲となり、干からびていた。

食べるわけでも、敵というわけでもない。

小動物を生きたまま、
尖った木の枝などに突き刺し放置するこの鳥の習性に
理由があるのか、ないのか。

まだはっきりしたことは分かっていない。



人間の理解が及ばないことなんて、
探さなくたってこうして身近にいくらでもある。

気づくか、見過ごすか。
それだけの違いだ。







並の交尾




ナミテントウの交尾。

春先と秋口には色んな昆虫たちが、
子孫を残すための活動に励む。

思えばナミテントウだなんて、
自分の与り知らぬところで平凡の称号を授かるとは
本人にしてみれば甚だ不本意であろう。

だが、比べた瞬間に比べられるは世の常。

ナミテントウよ、
お互いただひたすらに己の道を行こうぞ。

交尾を邪魔してすまなかった。







擬態の天才



昆虫図鑑では必ず紹介される、
擬態で身を守る代表的な虫、ななふし。

ボケの木に揺られているところを発見した。

擬態とは、
攻撃や自衛のために
周囲の動植物にその身を似せること。
保護色も擬態の一種です。

ななふしの場合は
足も身体も細長く、まるで小枝のよう。

その身体を縦にピンと伸ばすことで
周囲の植物になりきって危険をやり過ごすのです。

このななふしは前足が一本切れてしまってる。

だけど、このサイズなら
脱皮を繰り返すたびに足が再生して、
成虫になる頃には元通りになります。
ほとんどピッコロ大魔王の世界です(笑)

ちなみに、ななふしの卵は植物の実にそっくり。
生まれた瞬間から、生き抜く戦いは始まっています。

なんてことのない身近な自然の中に
当たり前に展開される熾烈な生存競争を見て、
我が身を省みる春先の朝。

裂け目




千代田線内。

裂けてしまった座席が丁寧に縫われていた。
気をつけて見てみると、
他にも同じように縫われた箇所が
結構あることに気づく。

誰かが故意に裂いたのではないことを祈るよ…。


しっかし今日もさみーやね。
どうした温暖化。

パーティ「報告」無事終了!

パーティ「報告」、無事に終了の報告!


俺が2本のライブ、
恒介のアートワーク個展、
夜半過ぎからDJアイサのハウスミュージックナイト。

入り口は手作りのフルーツポンチに
ナチュラルターンテーブルという二人組が用意してくれた
化学調味料抜きのオーガニックフィンガーフードでお出迎え。

俺が着ていた王子様シャツも後半の白いシャツも
仲間の服デザイナーのオールハンドメイド。

ソファやテーブルも、
お店スタッフの方々の力を借りて好きなように配置、
本当の意味で一から手作りのパーティーでした。

日常の煩わしさを忘れて
少しでも楽しんでもらえてたら嬉しい限りです。


たくさんの人の力が結集されて、
ひとつの事がカタチになる。
僕にとってもうそれは、
どんなことよりも贅沢で胸踊ること。

その幸せな空気は、
来てくれるみんなに楽しんでもらいたいと
準備をする段階から店中のそこかしこに漂っていました。

各々の愛機を持ち寄り、
手際よくリハーサルを進めるミュージシャンの手元に。

ミュージシャンの立ち位置を見ながら、
ソファの配置を腕を組み考える
店長の横顔に。

フードを用意する美人2人組のおだやかな笑顔に。

「曲がってない?」
「もうちょい右」
真剣な面持ちで絵画セッティングを進める
チーム恒介のやり取りに。

フルーツポンチのフルーツを切り揃えてくれた
バーテンさんの優しい心遣いに。


この胸に広がる気持ちをどう表現すればいいのか分からないけど、
すてきな夜に出会えたすべてのことに感謝します。

本当にどうもありがとう。


みんなに益々いい報告ができるよう
これからもがんばっていきます。

また会える日を楽しみに!!!

ワサビ、なのか。

ねー、これってワサビだよね!?
どー思う?


道端に生えてて、「あ!」っと思って収穫してきたんだが。

根っこの部分はもう完全にワサビのそれだが、

ただネットで調べると、
ワサビの花は白いんだよね・・・。

これは青いんだよね・・・。

今夜美味しい刺身が届く。

いくべきか。
いかざるべきか。



ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。