フラフラした

久々に高熱が出た。

あれよあれよと9度5分まで。
よもやハシカではないよなと心配になったけど
週末寝続けて、ようやく平熱に戻りました。
インフルエンザでもなかったみたい。
いずれにせよ俺は健康保険に入っていないから病院には行けんのだ・・。
でも江戸時代とかその前は薬とかキッチリしていなくても
なんやかんやで人生やってきたんでしょ。
調子悪いっつってすぐに病院に直行ってのも考えもんだよなー。
にしても保健くらいは入っておいた方が良いよな。
どうすれば入れるんだろう。保健所に行けばいいのか?


俺はそんなことより頭付きの美味いエビが食べたい。

もじゃ中村さん

月いちのペースでお世話になっているハコ、新高円寺の「STAX FRED」。
ここのマスターがなかなかただ者でない。
頭もじゃもじゃで、鋭い感性を持っていて、音楽に潜む本当のことをスッと見抜く。
ミュージシャンへの目線は非常に暖かいが同時に大変厳しい。
そんなマスターが先日、ご自身のブログで書いていた文に俺はかなり励まされた。
承諾を得たので貼っ付けます。



もし STAXで 
ピアノの弾き語りばかりが出演したとしよう
3組 4組 まあ何組でてもいい
トリに スティービーワンダーが出演したとしたら
その前に出演した何組かは
みんな同じだ

スティービーに
かなう弾き語りができるミュージシャンなど
そうはいない

でも
スティービーの歌よりも
1番手の出演者の歌が好きなお客さんは
いるかもしれない
スティービーよりも
2番目に出演したミュージシャンのほうが好き
というお客さんも
いるかもしれない

それは
人が人に歌うからだ
その人自身が
嘘のない形で表現されていれば
(別にノンフィクションの歌を歌えと言っている訳ではない)
不思議 歌は伝わるものだ 共感できるものだ
と 僕は思う
シンガーソングライターは 
やはり
人間が浅いより深いほうがいい
魅力が無いよりはあったほうがいい
客観性は不可欠だし
真似事ではなく
その人が音に 言葉に出る オリジナリティも必要だ
と思う

人が 創作で 人を感動させる
決して 簡単なことではないな
と 最近よく思う

毎日5Km走れる人が
マラソン選手になれる訳じゃない
42.195k 
まずはこの距離を完走出来なければ
マラソン選手にはなれない

カラオケがうまい人が
いい歌い手とはかぎらない
ギターがうまいから いいミュージシャンではない

必要なのは
自分の表現を伝えやすくする為の技術
それを培う為の練習
客観性と ある程度の楽観
そして

プロ意識

やはり音楽は
書いて字のごとし
音を楽しむのが大事

あまりつまらないことを考えず
音楽を嫌いにならないで
いい活動を

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: