放映日

この間のライヴで紹介したフリーダイビングをやっている俺の友人、
名を永岡隆昭といいます。
潜水の日本記録更新に成功した時の様子が
10月30日(月)20:00から
10chの「Qさま」っていうバラエティ番組で放映されます。
是非チェックしてみてくれ。

身体の内に自然を宿している、あったかくて心のでっかい男です。

体調不良

気持ちが悪い。
さっき急に吐いた

外は冷たい雨だなぁ

ありがとう!

ほんとに楽しかったー、ワンマンライヴ!!

自分の部屋にあった大きなスタンド式のランプと
一頭分の牛の毛皮をステージにあしらって

まるで自分の部屋にみんなを招いたかのような雰囲気で始まったライヴ。

簡単なものだけどおつまみも用意して、みんな騒ぎながら沢山お酒を飲んでくれてた。

今までの俺のライヴはどちらかというと静かに曲を聴くって感じが多かったから、
元来、生粋のお祭り男としてはあの盛り上がりはすごく嬉しかった!

ほんといいメンバーに巡り合えたことと、何よりお客さん達の強烈な熱気のお陰です。

心からありがとう。

そしてライヴならではのハプニングも続出。
実は始まる前のリハーサル時に、ベースのムーさんの楽器が音を立ててぶっ壊れるという
ちょっと考えられないアクシデントがあって。

一昔前だったら「なんでこういう時に限って・・。」と落ち込むなり腹立つなりしていたと思うが
今回はほとんど動揺は無かった。

自分の歌を模索していく中で、正解探しではなくその時心込めて歌った歌が
その時のベストアクトなんだという信念が身体に染み込んでいたから

どんな状況になったとしても心からお客さんを迎えようと覚悟が決まっていました。

それでムーさんは一度急いで家に帰って、違う楽器から部品を無理矢理ひっぺがして
壊れた部品と付け替えるという剛腕ぶりを発揮して状況を打破。
すごい!

ドラ久保(ドラムの久保ちゃんの意)も
六本木での別のライヴを終えてバイクで駆け付け
滑り込みセーフでライヴが始まったのです。

それでもお客さんの熱に後押しされて、
そんなアクシデントがあった事など完全に忘れてプレーすることが出来ました。

しかも途中のコール&レスポンス(かけ声に続いてお客さんが応えるところ)では
どういうわけだか俺が突然家族の名前を次々叫び出すという明らかにおかしな状態に。

そしたら会場中が会ったこともない俺の家族の名前を叫ぶという
世にも奇妙な現象まで起きて!
ビデオで見直すと面白すぎます。

まだまだ始まったばかりのこのメンバーでの活動が
これからどんな風にスケールアップしていくのか。本当に楽しみ。

新しい曲を精一杯仕上げていって、来てくれる人と心から分かち合いたい。
それに尽きます。

もらえた熱気を次の活動へのエネルギーに換えて走るぜ。
新しいトビラを開いて待ってるから、また是非遊びに来て下さい!!

来てくれて本当にありがとーーー!!!!!
また熱い時間を一緒に過ごそう。

康造

ワンマンライヴ!

久々ワンマンライヴやります!
週末の夜遅めからです。
一杯やってからでも一杯やりにでも是非是非お立ち寄り下さい。

◆10月21日(土) 21:00~「渋谷WastedTime」03-3461-8383
西武デパートA・B館の間を入って交番の二股を右に流れ、
少し行った左側のビルの地下。徒歩7分。
http://www.wastedtime.jp

時間を気にせず演奏出来る幸せ。
さぁどんなうねりが生まれるのでしょう。
みんなで踊って弾けようぜい!
熱い演奏でお待ちしています。

康造

電流

楽器屋さんでは電流が身体に流れてしまう原因について
もうひとつ詳しいことが分からず。
音楽界の現場で働いている仲間に聞いたところ、
色々ためになる話が聞けた。

そうだよな、電流はお客さんのハートに突き刺してシビれてもらうもので
俺自身が感電して骨骨ロックしてる場合じゃない!

この連休中に新曲かこう。
あぁどんな出会いになるのかほんと楽しみだ。

大雨

今日はアンプとギターを点検に出しに行く。
前回のライヴで演奏中に髪が逆立つほど身体に電気が流れたからだ。
アンプもギターも年代物。絶対濡れないように気をつけなければ。

江の島、さいこーーー!!

更新が遅れた!
急にインターネットがつながらなくなってた。

という訳で遅まきながら「海さくら」に来てくれた人達、
ほんとーーーーーにありがとう!
江の島というなかなか来づらい場所であったのにも拘わらず、
よくぞ足を運んでくれました。嬉しかった。
ホール、あぁなんて、とにかく気持ちいい!!
今までの音楽活動はどちらかというと「こんなもんじゃねぇ」とか「ちくしょう」とか
ネガティヴなエネルギーを心にくべて走ってきたけど、
こんなに楽しくてワクワクして単純に気持のいい時間を過ごすことが出来たのは
実は初めてかも知れない。
「あぁまたこの場所に立ちたい」と芯から思えた。
そして他の出演者達がまたみんなすごかった!
ラウラさんのハーモニーの美しさ、チハルさんの愛らしい歌声、
ぶんや君の唯一無二の圧倒的な存在感、1音出した瞬間に空気を変えたローリーさん、
知らぬ間に自分のペースで場を掴んで離さないリクオさん。
深い感銘を受けた。勉強になることばかりだった。

スタッフのみなさん。
今回は主催者の身近な人達が多く手伝ってくれていたみたいだが、
本当に素晴らしい働きで、「海さくらイヴェント」を心暖かいものにしてくれていた。
このイヴェントに参加出来て俺は本当に嬉しいです。

「海さくら」をきっかけにして海が少しでもきれいになれば最高ですね。
俺も自分の地元・多摩川河川敷から始めています。


これからいくらでも紆余曲折あるだろう。七転八倒しながら、
必ずまた広く大きく魂を響かせたいと思う。
次のチャンスを頂けるまで着実に歩いていきます。

さぁ新曲かくぞ!


康造


あ、それから写真あったら是非アップして。
俺1枚も持ってない・・。



ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数: