FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマヘビ

久々に、身近な生き物編を書くよ。

今年に入って、週の半分は長野にいるって話、
前に書いたよね。

長野にいる事情

こないださ、用水路を掃除してたら、
小さなシマヘビが死んでたんだ。

そのまま水の中じゃ腐っちゃうし何か可哀そうってんで、
すぐ横の原っぱに出しといてあげた。

そしたらさ。

あ!ここから先は身近な生き物たちの話でさ、
見方によっちゃか~なりキビシイ写真も出てくるから
興味ない人はもうこれ以上スクロールしないでページを閉じてね。

そう、ヘビが死んでて原っぱに出しといてあげて、


そしたらさ、



半日もしない内にさ、
大っ量のダンゴムシがーーーーー!!


かじりついておったーーーーーー!!!!!!






ダンゴムシ


俺さ、ダンゴムシって
落ち葉とかを分解してくれる草食の生き物だと思ってた!

それが!ほーんとにすごいことになってる!!!


んでさ、当然この先どうなるかと思うよね。

この先。どんな展開になるのか。


さぁ次の写真。

ほんの翌日だよ。

次の日だよ。



骨蛇


考えられん。

人もみな最期はこうなるのかと思ったら、
なぜだか少し安心した。









スポンサーサイト

バットマン ドント・リターンズ!

昨日深夜、長野にて。

本を読んでいた俺の目前を、
黒く大きな飛行物体が音もなく通り過ぎた。

ガでもない、チョウでもない。
部屋の中を飛ぶ可能性のあるものにはあり得ない大きさだ。

確認する間もなく開けっ放しのドアを抜けて、
隣の部屋へと飛び去った。
とにかくまじ焦ってドアを閉め切って寝た。

あくる朝。

隣の部屋の床でぐったりしていたのは・・・なんとコウモリ!
部屋の中をコウモリが飛ぶって・・・。


すごく弱ってたから少しずつお水を飲ませたらだいぶ元気になって、
日陰の木の枝にぶら下がれるまでに。

元気で飛んでいけよ。

戻ってくるなよ!

こうもり2

こうもり3

知らない間に

2か月くらい前。

放置してた野菜袋から、
芽が出放題のジャガイモが数個発見される。

ご経験のある方はご存じのことと思うが、
かなーりグロテスクな様相なのだ。

食べるには芽が伸びすぎ、
捨てるには生命力がみなぎり過ぎ。

そこで、庭になんとなく穴を掘って埋めてあげた。

そしたらその日からぐいぐいと葉を伸ばして、
そりゃもう元気に成長したんだ。


本日。


急に思い出して、様子を見に行くと、
葉っぱがほとんど黄変しててすっかりしょぼくれてる。

何の期待もなく掘ってみると・・・。


なんとなんと!!


イモができちょる!!!



自然万歳!

早速ふかして食べた。

うます銀行頭取でした!!!!!

太陽さん、雨さん、風さん、土さん、ミミズさん、ジャガイモさん、

心からごちそうさまでした。


じゃがいも

響け、愛の歌!

職場の庭で鳴いてるカエルくん。

こんなに小さな身体でも、
全身を震わせて響かせれば、
驚くほどに大きな声が出る。

人の世も同じですね♪


保護色

クワガタムシ

コンクリート・ジャングルの路上で
たくましく生きるクワガタムシを発見。

かっちょえー!!



ハチミツをあげて、木陰にリリース。
色々あるが、お互いにgood luck!!

534290_391670200874527_100000946508480_1021753_336578679_n.jpg

なつかないペット

最近、ペットを飼い始めた。
名を「モモちゃん」と言います。

でも多分あまり一般的ではないし、
あまり人間に好かれていない種族なんです。

もちろん俺にとっては
メカ的な動きと冷酷な性格がなんとも魅力的に思える。

写真を一枚アップしたけど、
生き物の興味深い一瞬として見られない方は
ここから先へは画面をスクロールしないでね。

あまり人間に好かれていない種族が
もっとも人間に好かれていない種族を
喰らっている強烈な一瞬です。











クロゴキブリの5齢幼虫にかぶりつく、
アオズムカデ(青頭百足)のモモちゃんです。




何もしてあげられなかった

夕方の半蔵門線内。


学生服にマフラーを巻いた高校生の坊主頭に
一匹のアカイエカが止まった。

アカイエカとは
室内で一般的に良く見られる蚊の一種。

こんな真冬でも
暖かい地下鉄内では繁殖できるのだろう。

何とも逞しき
都内に生きる虫たちよ

ところで坊主頭の周りに立っている数人の視線が、
その季節はずれの小さな生き物に注がれている。

アカイエカは短く刈り込まれた髪を
細い足で必死にかき分けて
何とか血を吸おうと試みてる。

右に少し動いてはモゾモゾ
左に少し動いてはモゾモゾ

ところが学生の髪質は見るからに剛毛、黒光り。
蚊の力ではかき分けられない。

ほどなくして自分のとまってる場所が
どうもうまくないことに気付いたのか

蚊はフラフラと飛び立った

周りに立っている客が身構え
一瞬車内に緊張が走ったその時

蚊はなんと学生のおでこに止まったのだ。

真冬の電車内
バーバリーのマフラーを巻き
ウォークマンを聴きながら
軽く身体をゆする学生のおでこに蚊


こんな時
優しさとは何だろう


一刻も早く
おでこをぴしゃりとしてあげることか

「もしもしお兄さん、
おでこに蚊がとまってますよ」

とでも言ってあげればいいのか

ここは黙って見て見ぬ振りをすることか

あれこれ考えてる内に
次の駅で学生は下車

歩きだした時の振動で
蚊が飛び立つことを
その時誰もが心で祈ったろう

しかし無情にも学生は
おでこに蚊をくっつけたまま
さわやかに下車
人波にまぎれていった。


小さな無力感が
ドア付近に漂った。




ナナフシ

ななふしもどき


ずいぶん大きくなったナナフシを発見。

どこにいるか分かるかな?



ところで実はこやつの本名は「ナナフシモドキ」。

一体何の因果で「もどき」なる不本意な名称をつけられてしまったのか。

人間の身勝手さをどうか赦してほしいものです。

面白いことにこのナナフシ、
ほとんどが単為生殖をする。

つまりはメスだけで繁殖できるというわけだ。

オスはほとんど存在しないと言われ、
日本国内でオスが確認されたのは数例しかないとか。

どういった状況でオスが発生するかはまだよく分かっていないそうです。

俺、ナナフシに生まれときゃ今頃ウハウハだったか・・・。

あ、でも「もどき」ってのはやっぱちと嫌だな。

康造もどき。
どんなだ。

歌わない俺か。



友達になった

銀座を歩いてて、
この街には珍しいヤツに会った。

すごくキレイだなと思って、
話しかけたら仲良くなった。

しばらく一緒に遊んだ。


またね、元気でなー









銀座カラスアゲハ__convert_20100719205453.jpeg



銀座カラスアゲハ2_convert_20100719205606.jpeg

脱ぐ

ななふし君、無事に脱皮。

そのあと、脱いだ皮をむしゃむしゃ食べてた。


俺もそろそろ脱ぐぞー!!!




ななふし脱皮

コンカツ中

暖かい日だった今日、
散歩の途中で
古い切り株がユラリ動いたように見えた。






近寄って良くみてみると、










にょりーん!

羽アリの大群!!

ぎぇー!



ちなみにこのアリさん達は
みなオス。

春から夏にかけて
今日みたいにあったかい日を選んで

たった一匹しかいない女王アリとの
結婚を目指して、巣を飛び出す。


何しろ相手は一人しかいないのだ。
ワンチャンス。


命がけのコンカツだ。





理由はない?ある?

去年の秋口に一度目撃した、
モズのはやにえ。


本日仕事前に、
ミカンの木の枝に再度発見。

今回はカナヘビというトカゲの仲間が
犠牲となり、干からびていた。

食べるわけでも、敵というわけでもない。

小動物を生きたまま、
尖った木の枝などに突き刺し放置するこの鳥の習性に
理由があるのか、ないのか。

まだはっきりしたことは分かっていない。



人間の理解が及ばないことなんて、
探さなくたってこうして身近にいくらでもある。

気づくか、見過ごすか。
それだけの違いだ。







並の交尾




ナミテントウの交尾。

春先と秋口には色んな昆虫たちが、
子孫を残すための活動に励む。

思えばナミテントウだなんて、
自分の与り知らぬところで平凡の称号を授かるとは
本人にしてみれば甚だ不本意であろう。

だが、比べた瞬間に比べられるは世の常。

ナミテントウよ、
お互いただひたすらに己の道を行こうぞ。

交尾を邪魔してすまなかった。







擬態の天才



昆虫図鑑では必ず紹介される、
擬態で身を守る代表的な虫、ななふし。

ボケの木に揺られているところを発見した。

擬態とは、
攻撃や自衛のために
周囲の動植物にその身を似せること。
保護色も擬態の一種です。

ななふしの場合は
足も身体も細長く、まるで小枝のよう。

その身体を縦にピンと伸ばすことで
周囲の植物になりきって危険をやり過ごすのです。

このななふしは前足が一本切れてしまってる。

だけど、このサイズなら
脱皮を繰り返すたびに足が再生して、
成虫になる頃には元通りになります。
ほとんどピッコロ大魔王の世界です(笑)

ちなみに、ななふしの卵は植物の実にそっくり。
生まれた瞬間から、生き抜く戦いは始まっています。

なんてことのない身近な自然の中に
当たり前に展開される熾烈な生存競争を見て、
我が身を省みる春先の朝。

ワサビ、なのか。

ねー、これってワサビだよね!?
どー思う?


道端に生えてて、「あ!」っと思って収穫してきたんだが。

根っこの部分はもう完全にワサビのそれだが、

ただネットで調べると、
ワサビの花は白いんだよね・・・。

これは青いんだよね・・・。

今夜美味しい刺身が届く。

いくべきか。
いかざるべきか。



お客



庭に

鳥さん達が集まれる集会所を作った

今のところ

「つがいさん」「ちょーさん」「ムック」「モズさん」「つがいさん2」

5種類が遊びにくる。


今日はさっきまでつがいさんが来てた。



さて今夜は久々に新高円寺でライブだ。 

近くにいる方は是非遊びに来てね♪

モズのはやにえ

モズって鳥をご存知か?


他の鳥の鳴き声をまねる事から
漢字で「百舌」と書くこの鳥には、

もう一つ有名な習性がある。

それが「モズのはやにえ」。

秋口になるとこの鳥は、
虫やトカゲ、カエルなどを
細い枝に突き刺してまわるのだ。

冬場に餌が少なくなった時のために貯蔵してる
という説もあったが、

突き刺された獲物をのちに食べる事は
実際には大変少ない。

餌付けされて、充分に餌を与えられているモズでさえも
はやにえを作ることが確認されている事もあって、

本当のことはまだはっきりしていないのだ。


先日、庭のザクロの木の枝に
ミミズがぶら下がっているのを見た。

「こんなところにミミズが這い上がってくるわけがない。
まさか、あの伝説のモズのはやにえか!?」


と興奮してたら、

昨日。


ついに


目の前で見てしまったのだ。



以下、かなりグロい写真となるので、

動物達の興味深い習性として見られない人は
ここでページを閉じてくださいまし。



厳しい動物界の掟の中で
僕らは暮らしてるんだってことを再確認して

かなり震えた











百舌のはやにえ





ちなみに



こんな草だった

今日良く見たらだいぶ違うな

こいつを
スーパーで売ってるニラ半袋分くらい一気に食べたら


吐いた


みんな、似てるからって
草は食わない方がいいぞ。

やっぱ野生は破壊力が違ったよ(笑)

ニラもどき

マンションの庭に生えてた草が 
ニラに良く似てて 

生でかじったら味も似てたから 
沢山引っ込抜いて食べたら 

今になって激しい吐き気 

なんか全身からあの草の匂いがすんだよな 

ありゃニラじゃねーな

ハッケン

四つ葉


みーつけた
ちょっとヨレてるけど・・・。

いいことありますように。

逆境でも順境でも、やり切れますように。


熊谷ラグビー場脇の公園にて

川の神

前回の台風の影響は
まだ終わっていないんだ。

多摩川に行くと、
まだ大量の葦や流木が
目の高さほどの木の枝に絡みついたまま。


当日の水位がどれほどだったのか、
想像するだけで興奮する。



そして何より河川敷に転がるゴミの量ったらない。


冷蔵庫、タイヤ、自転車、
テレビ、タンスなどの家具、梅酒のビン、扇風機などなど・・・。
未だに河川敷一面がゴミの山なんだよ。


それを見て俺は思った。




これは余りのゴミの多さに
川の神が体調を崩し、
自ら吐き出したのだと。


食中毒を起こした患者が嘔吐するように。
飲みすぎた俺が喉奥に指を突っ込むように、


川の神も限界が来たんだよ。




千と千尋の世界は単なるファンタジーじゃない。

山や川や海に平気でゴミを捨てられる神経は
ほんとどうかしてる。


いくら稼いでるとか、
何を持ってるとか全く関係なくてさ、


目に見えないことをもっと大事にしていこうよ。
運動とかじゃなく、自然に、当たり前に。


康造

つつじの葉の上に、
久し振りにカマキリを見つけた。
オオカマキリの3齢幼虫だ。

ガキの頃は何度も何度もカマキリを
卵から成虫まで育てたものだ。

「お前の先祖達とはずいぶん遊ばせてもらったんだよ。」
とやさしく声をかけたら、
軽く無視された。

同じカマキリに見えるけど、
俺の遊んだカマキリとは違う奴なわけで。
違う奴だからこそ同じに見える訳で。
(同じカマキリはとっくに土。)

とにかく久し振りに元気な姿が見れて何やら嬉しかった。
大きく育てよ!!

木々との対話

同じ多摩川河川敷沿いなのに
もうすでに満開の桜の木と
まだ全く咲いていない桜の木がある。

生育条件が違うとも思えないし
やっぱり木にも性格ってのがあるんだろうなぁ。

最近家の近くで新しいマンションをぼこぼこ建ててる。
大きく育った木を次々切って。
見ていて本当に嫌な気持ちになる。

が、そんな俺もマンションに住んでいる訳だ。
その昔元々生えていた木を
切り倒した後に建てたであろうマンションに。

「満員電車に乗るまではまだ乗れるだろうと人は言う。
ところがいったん乗ってしまうと、
同じ人間が今度はもう乗れないと言い出す。」

そんな言葉を思い出した。

ようこそ!

ライヴ情報

日比康造

Author:日比康造
日比康造HP
www.kozohibi.com

次のライブ♪


最新ライブ情報
















過去の記事(月別)

天気予報(クリックで詳細)


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

オンライン・カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。